東方萃夢想の感想とか

現在東方萃夢想を遊んでいる際中なのですが、面白いですね。
今まではずっと『東方の格闘ゲーム』という認識でしかなかったのですが、
実際に触ってみるとこれは格闘ゲームじゃないな……
というか、格闘ゲームではなく弾幕アクションであると認識し直すところからようやく始まる気がします。

操作も分からずに始めるとEasyで洗礼を浴びせられますが、
グレイズの仕方が分かってくると楽しいですね。
お嬢様の弾幕に手こずってたのが嘘のよう。
妖夢に手こずるのは相変わらずですが……。

今のところ、まだスペルカードの効果がよく分からないものもあり、
基本的な攻撃と使いやすいスペルカードでボカスカやりながら、少しずつNORMALをクリアしております。
HARD以上になったら、特殊な攻撃とかも慣れないとですね。
まぁ、どこまでやりこむかはわかりませんが(萃夢想はもう対人戦もやってないだろうし……)。

とりあえずこんなところで。

東方についてもっと多くのことを知りたい

今日外出したら少し暖かくなってきたように感じました。
明日はまた寒くなるみたいですが、冬のピークも過ぎつつあるのでしょうか。

去年から二次創作に少しずつ触れるにつれて
東方projectというものをもっと知りたいという欲が最近すごく強くなっており、
ことあるごとにネットでいろいろ検索したり古い記事を探したりするのですが、
もう少しして暇ができたらもっと本格的に調べてみたいと思っています。

具体的には2chやニコニコの過去ログをひたすら追いかけたり、
過去作が発売された当時のリアルタイムな感想をひたすらまとめたり、
ネットアーカイブを探し回ったり。
今までもこういうことは散発的にしてきましたが、
せっかくブログも作ったことだしきちんとまとめてみたいなぁと思っています。

というか、最近調べてみたら自分と似たようなことをしている人が幾人か見つかって、
今まで東方がどういう風に受け入れられて、どれだけ急成長してきたのか、
調べることにもそれなりに需要はあるんじゃないかと感じたのも一因です。

もっとも、自分一人で調べるのでは限度があるでしょうが……
とにかく、可能な限り東方の歴史を調べることが今後の目標ということにします。

東方二次創作の感想とか

今日はメロンブックスに行ってきました。
ついでにメロンのカードも作ってもらったのですが、
あれってカードだけならいちいち個人情報書かなくてもいいのですね。
今のところ、成人向けとか買うつもりないし……ないですよ。

そんなわけで、今日は同人誌の感想をば。
一応お断りしておきますが、筆者はまだ東方の二次創作品に触れて日が浅いので、
あんまりどこが有名とか詳しくありません(音楽方面は多少わかってきたけど)。
既刊も混ざってますが、その辺は気にせず行きたいと思います!

・東方総集編 アンデパンダン & アンデパンダン2
三月精の比良坂さんの東方同人誌総集編。
三月精は大好きでした!
ほんと、あそこまで愛に満ちあふれた作品はそうそうないんじゃないかと。

それはそうと『アンデパンダン』について。
一番古い年越し鍋の話がどのキャラもかわいくて賑やかで楽しかったです。
アリスとパチェのいがみ合いがかわいすぎる。
そして安定の中国オチ(笑)
雪合戦の話とか、魔理沙はいかにもあんな無意味な努力してそうだなぁ。
最後の守谷一家の4コマもテンポよくて面白かったです。
諏訪湖のグダグダに笑ってしまった。

2は紅魔メイン。シリアス成分多めですね。
定番ネタ(といっても私は全然知らないけど)のレミリアお嬢様と咲夜さんの出会い話とか、
妖怪と人間の寿命ネタとかが収録されてます。
この辺の話は永夜抄でもあったので違和感なく読めますね。

あとがきでは次は三妖精本だそうなので、期待してます。

・poprication 『泣かないきみに』 『正しい冬の過ごし方』
前者はC82が初出。
レイマリの幼少時の話です。
短いながらもうまく霊夢と魔理沙の関係が描かれていて良かったです。
霊夢は掴みどころがないキャラですよねぇ……。三月精の最終回を読んで、少しわかった気もしましたが。

『正しい冬の過ごし方』は一転、ひたすらイチャイチャしている話。
前にも書きましたが、三月精が出てきて「〇〇大作戦!」って言うのがなんか無性に嬉しかったです。
おかしいな、こんなに三月精好きだったっけ……?

CDの感想も書くつもりだったけど、思ったより長くなってしまったのでここまでにします。
積みCDがまた増えた……。

雑記

ブログ書くネタがなかなか見つからなくて困っています。
油断するとすぐストップしそうだ……。

最近、東方関連のイベントとかをいろいろ調べているのだけど、
多すぎてとても補足しきれないですね。
毎月やっているライブイベントなんかも結構あるみたいで……。
そのうち足を運んでみたいと思っています。

--------------------------------------------------------

コミケで買った音楽CDの感想とか書こうかと思ったけど、
私の場合、初めて聴いたときと繰り返し聴いたときとで印象が180度違うとかよくあるから、
なかなかはっきりとした感想が書きづらいんだよなぁ……。
そもそも、前回の冬コミで買ったの旧譜が結構多いし。
まだ半分くらいしか聴いてないし。

んーと、とりあえず今までに何度か聴いたCDでは……
Alstroemeria Records さんのCDは作業用BGMに最適です。
幽閉サテライトさんの「濡れた髪に触れられた時」は、最初の表題曲が一番好き。
それと、旧譜ですが SNUG SPACE さんの SPARKLING GIRL が割と好みでした。
最後の「HAPPINESS」なんか、まさしく紅魔館らしい雰囲気が出てて幸せになれます。

時間が取れたらまた同人ショップに行って岸田教団の新譜とかも買いに行きたいところです。
同人誌とかもちょいちょい……金銭的に許す範囲内で。

「東方神居祭7」の中止と同人イベントに対する脅迫

もう数日前の話題ですが、札幌で2月24日に開催予定だった「東方神居祭7」が中止となりました。
これについて、自分なりに経緯と雑感を述べてみようかと思います。

同イベント会場では2月10日に「黒子のバスケ」の即売会が行われる予定だったため(こちらも中止となりました)、
当初は、これまでにコミケなど多くのイベントに脅迫状が送られている
「黒子のバスケ」事件に巻き込まれたのかと憶測がされていましたが、
その数日後に詳細な中止理由が公式サイトに掲載されました。
そこで、中止の理由は「黒子のバスケ」とは異なるもので、
「東方神居祭」そのものに対する脅迫であることが明らかになりました。
脅迫状は”東京の警視庁宛て”に届いており、そこからイベント会場側・「神居祭」運営へと連絡がいったようです。

中止理由の公表が遅れたことについて、公式サイトでは
「東方というジャンルの影響力の大きさと全国の同イベントへの影響も鑑みたことによるものです」
と説明があります。
これは、この件をきっかけにこれからさらに模倣犯・愉快犯が出てくる可能性を考えると
(実際、ネット上では今回の件は「黒子」の模倣犯ではないかと多くの人が推測しています)、
十分納得がいきます。
まぁ、結果的には多くの人が誤解してしまい、詳細を説明せざるを得なくなってしまった訳ですが。

こうした脅迫事件が続くことで、同人イベントそのものに対する存続も危ぶまれるようになりました。
これは表現の自由に対する危機です。


「黒子のバスケ」に続いて「東方Project」イベントにも脅迫状が届いて中止に
http://gigazine.net/news/20130115-touhou-project/

こちらの GIGAZINE さんの記事ではこうした状況を強い口調で非難しており、
『脅迫に屈する』ことのリスクや事前の危機管理に言及されています。
いくらなんでも「オリンピックがテロに屈しなかった」という例は比較対象にならない気もしますが。

ともあれ、こうした例は今後も続いていくでしょう。
仮に今回の事件や「黒子」の件の犯人が捕まったとしても、きちんとした対策を施さない限り
将来的にはこうしたリスクは常に残り続けることになります。
警察には早く犯人を捕まえてほしいのも確かですが、
脅迫があってもイベントを安全に開催できるような体制の構築・共有も急がねばならないかもしれません。

【C83】az+play 「樂璽」

ラノベのイラストなどもしておられる赤りんごさんのC83新刊、「樂璽」を読みました。
表紙は箔押し、内容も赤りんごさんのこれまでの東方イラストを全てまとめた総集編となっております。

130112_154542_convert_20130112154940 - コピー

私はもともと東方を初めて遊んだのが星蓮船の頃ですし
去年までは二次創作にもあまり興味を持っていなかったので、
赤りんごさんを知ったのはライトノベルの『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』からです。
世間的には第6回例大祭のカタログ表紙絵を描いた人として有名なのでしょうか?

オールカラーで80ページという大容量ですが、どのイラストも非常に見応えのあるものばかりです。
画面いっぱいに配置された小物と鮮やかな配色が見事に画面を引き立てています。
この辺りはデザインのお仕事もされているからこそですね。

個人的なお気に入りは、霊夢のイラスト以外では最初の天子ちゃんとか、
あとはやはり緋想天の大会用の15キャラ名札イラストでしょうか。
どれもこれもすばらしいです。ほんとうに。

また、最初の描きおろしイラストの解説や間のコラムなど、文章もやけに充実していました。
東方のキャラデザについての話はもっと聞きたいところ。

最後のあとがきからは赤りんごさんの東方に対する想いが感じ取れます。
こんなふうに、作者の方の「大好き」が存分に味わえることこそ、
同人誌を読むなによりの幸せなのかもしれません。

C83 購入物一覧 ラスト

ブログ開始直後からムダに飛ばしてるけど、C83の購入物一覧ラストです。

【三日目】
一日目より少し遅めに出発して11時10分頃に入場。

・Traumatize(籠目さん) LAMB ROUGH WORKS
・I.S.W 新刊 ILL ASSIETTE2+既刊 ILL ASSIETTE
・jadda 『jadda volume.02』
・後藤和智事務所OffLine 新刊『紅魔館の統計学なティータイム――市民のための統計学Speical』+既刊『幻想論壇案内』

三日目最優先で購入したのは籠目さんの『子ひつじは迷わない』ラフ本。これだけはなんとしても欲しかった……!
前に並んでいた人もガンガン買いまくってたけど、実際あの中で『子ひつじ』読んでる人ってどのくらいいたんだろう……? まぁ、その絵師さんが好きな人ならオリジナルのラフ本でも買っていくんだろうから、原作付きのものでも関係ないんでしょうけど。

I.S.W はデザイナーの柊椋さん、jadda は数人のデザイナーさんのインタビューやラフが載った本です。

この2つを購入したのは2日目にCDを購入した Attrielectrock さんのせい。というか、今回 Attrielectrock さんから繋がって購入したところがかなりあります。レイマリQUESTで一番気に入って「ADAMANT HEART」を買ったのですが、ジャケットのイラスト・デザインも魅力的でお気に入りです。
で、二日目のサークルチェック中に偶然 overTuner のサイトを開いて「此糸ウルヱ」の名前を発見し、 Attrielectrock のブログで柊椋さんのデザイン本に興味を持ち、そこからさらに「同人誌 デザイン」で検索して一番上に出てきた jadda のサイトでも Attrielectrock の名前を見つけるという驚異的なミラクル。
しかも、 overTuner からは TUMENECO にも繋がっていったので、本当に今回のコミケは Attrielectrock 繋がりの購入物が多かった……!

最後のは東方キャラで統計学を解説した本。ついでに既刊の見本誌が置いてあったので軽くめくってみて一冊購入してしまう。

C83の購入物は以上です。
終わってみれば三日間でかなりの量を購入したことに。
これからちょっとずつ消化していきますかー。冬休み終わったらすぐに期末試験があるのでほどほどにしておきたいですが……。
あと、この春休み中に緋想天&非想天則もやろうかな。その前に萃夢想ひと通りクリアしたいですが。
相変わらず消費ばっかで創作的なことは何も考えられてないですね……。

将来という名の魔物が刻々と迫りつつありますが、今だけはめいっぱい「消費」を楽しんでいきたいです。

C83 購入物一覧 続き

引き続きC83での戦利品の紹介をしていきたいと思います。

【二日目】
始発出発。6時50分頃に列確定だったかな?予報通りの一日中雨。
かっぱはもちろん持ってきてたものの、ゴミ袋やタオルがちょっと足りなかったと後悔。休憩したところにゴミ袋が1枚落ちてたので、周囲の人の物でなさそうなのを確認して拝借したりw。
それと、宝の地図(マップ)が雨で濡れてぐしょぐしょになり、途中から全く使い物にならなくなってしまうという致命的ダメージも。それでも、ク~シ列のサークルカットページは念のため切り取って持ってきてたのが幸いしてなんとか回りきれた感じ。

・az+play(赤りんごさん) 新刊+クリアファイル+B2ポスター+紙袋セット
・くらっしゅハウス(比良坂真琴さん) 新刊
・poprication 新刊

poprication さんは秘封の『昏いところで待ち合わせ』が気になってチェックしてたのだけど、開始すぐに行ったらすでに売り切れてたので新刊(レイマリいちゃいちゃ)を購入。三月精が出てきたのが地味に嬉しかったです。他はこれから読む。
それにしても赤りんごさんのポスターは美しい!部屋に貼りたい!

・凋叶棕 新譜「辿/誘」
・Attrielectrock 新譜 du Cafe’ tre
・幽閉サテライト 新譜「濡れた髪に触れられた時」+おまけCD「感情ケミストリー(Drum ‘n’ Bass Remix short ver.)」
・Alstroemeria Records 新譜 DOMINATED DANCEHALL
・EastNewSound 新譜ボーカルアルバム Auxiliary Brightness+クリアファイルとか
・overTuner Charisma Tea Break!!
・TUMENECO 新譜 Re.TMNC
・彩音 〜xi-on〜 新譜 「風彩旋律」
・OrangeCoffee 新譜 「The Lounge Map 1 - morning coffee set」
・SNUG SPACE 旧譜「SPARKLING GIRL」
・rythmique 旧譜 rythmique VOCAL BEST
・MOFUYA 旧譜『colour score』+イラスト集『colour palette』
・PROSCOITTO 新譜「SOL」
・PARANOIA PARADOX 新譜「pre:pArAtion」

音楽CDは計14枚!我ながら買いすぎたって感じだけど、それでもお金が足りなくて諦めたところがいくつかあったくらい。
購入したものはどれも一応試聴とかしたところだけど、その時は疲労MAXだわ頭痛がするわで正直聴いてても良いか悪いか全然分からなかったです。なんかもうU.N.オーエンのメロディが流れてきたらなんでも名曲に聞こえてきたりw。実際の感想は、これから聴いてみてからぼちぼち書いていこうかと。

EastNewSound は本当はインストアルバムとのセットが欲しかったのだけど、直前で売り切れたっぽいのでボーカルアルバムのみ。あと岸田教団も買おうと思っていたものの列が見つからず、「まぁ委託でいっか」と断念。委託がないところ、特典がつくところを優先的に動いたけど、みんな同じこと考えるのか幽閉の列は長かった。
MOFUYAさんは、サイトチェックした時から画集とCDの両方をやってるっていうのが珍しいな~と思って興味を持ちました。アルバムはこれから聴くとして、少なくともイラストの方は可愛らしいし色彩鮮やかで十分買う価値あったですね。とらのあなのCDにも出ていたし、これから伸びることを期待。

それにしても、この中でCDを持ってる(または友人に借りた)のって上5つだけで、他は全部新規開拓なんですよね。
いろいろ試聴していた時に思ったのは、島でも良いアレンジが意外と多いんだな~ということ。まぁ、これから有名になることを期待しての先物買い的な感情も、ないといえば嘘になるけど……。

無名だけど良いサークルが見つかったら、バンバンこのブログに書いていきたいところですねっ。
というわけで、長いので3日目の購入物はまた区切ります。

C83 購入物一覧

正月の朝(深夜)から連続投稿。

2012年12月29~31日に行われたコミックマーケット83に三日間参加しました。
そもそもコミケ自体、今年(じゃなくて、もう去年)の夏のC82が初参加だったわけで、その時は慣れないながらもなんとか一日目と二日目を乗り切ったという感じでした。
まさか、その4ヶ月後に三日間すべて参加するとは思いもしなかったですが……。

というわけで、C83の購入物一覧です。

【一日目】
・ちーむI・K アクセル・ワールドアニメスタッフさんのおつかれさま本+黒雪姫ポスター+袋
・電撃屋 公式海賊本ひもぱんフレンズ
少しのんびり目に10時頃到着、11時頃に入場。すぐに東に向かう。

SAOのアニメスタッフさんのおつかれさま本もあったけど、監督のTwitterでの書きぶりから予想した通り、即売り切れだったらしい。噂では300~500部だったとか。
逆にAWスタッフ本はTwitterによると3000部入荷で12時半頃に売り切れたみたい。私は東に行ってすぐに並んで1時間ほどで買えましたが、それでも買ったのは12時過ぎだったので実はかなりギリギリだったのかも。

それから12時半頃に企業に移動したものの、どっちに行けばいいのか分からず、一度完全に逆方向に行ってしまい、とらのあなの列を見つけたので(前日まで行くかどうか迷っていたものの)ひとまず並んでみる。
しかし、その途中でお目当てだったとらの東方アレンジ総集編「東方幻奏響REVIVAL」が売り切れてしまったので列を離れ電撃へ。途中、講談社ラノベ文庫や小学館でサイン本を見てみたが、昼すぎなので当然売り切れ。この辺りも時間ロスの一因に。
結局、電撃はひもぱんとしまぱんの2種類公式海賊本を用意していたのだが、そのうち片方しか買えなかったという結末に……。
電撃は売り切れないと思っていたんですが……。ただの思いこみでした。

2つしか買えずいろいろと後悔の残る一日目になってしまったが、これを反省に翌日以降は、最優先のものを一つ定めてまずなによりそれを入手するというつもりで行動することに。
こうすると、一番欲しいものが入手できる確立確率が高くなるのはもちろん、もし買えなかったものがいくつかあっても最優先のものさえ手に入れば最終的にはそれなりの満足感が得られる、という精神的なメリットもあります。
逆に、最優先の品物が手に入らなかったらダメージ大きそうですが……。

さすがにそろそろ眠くなってきたし、2日目と3日目は明日でいいかな!

ブログ開設&あけましておめでとうございます

まずは新年おめでとうございます。
1月1日の深夜、衝動的にブログを開設してしまいました。

思えば2年前も年の瀬の12月28日に突然 Twitter を開始したりしたなぁ……。
年末年始を一年を振り返ると、なにかしら行動を起こしたくなるのかもしれませんw。

このブログは、筆者の趣味などをマイペースに書いていくサイトです。しばらくは様子見ですが、アフィリエイトとかも可能ならやるかもしれません。そういうのが嫌いな人は避けてください。

サイト名は Create und Consume なぜか und だけドイツ語ですが、これは放送中のアニメ「ガールズ&パンツァー」のマネです。今のところ、創作的な活動は全然です。

今後、ひとまずは以下のことについて話すことが多くなると思います。
・東方project、およびその二次創作
・マンガの感想、特に水上悟志さんの作品
・ラノベの感想
・アニメの(略)
要するにオタク趣味全般ですね。ネタバレについては気をつけますが、保証はできませんのでご注意ください。

とはいえ、ホントに何も考えず、ただお正月の「今年こそ何かやらなきゃ!」という衝動に身を任せただけなので、まだこのブログをどうするかは自分でも不明です。ただ、文章練習も兼ねて、きちんと読んでいる人を意識した書き方は心がけたいと思います(たとえ読んでいる人が一人もいなくても)。

ただ密かに心の中にあることとして、今までに自分で創作活動――プログラムの勉強をしたり小説らしきものを書いたり――をしてもあまり長続きしなかったのは、見る人がいなかったせいもあるのでは、ということです。
他者との関わりあいの中でなら気持ちも引き締まるし、どんなに忙しくても継続することができるのではないか、そんな考えも以前から抱いておりました。
なので、これからはこのブログに自分の目標や思考を書き連ねていくことで、自分の向かうべき道筋をはっきりさせていきたいと思っております。

長くなりましたが、これからよろしくお願いします。