東方二次創作の感想とか

今日はメロンブックスに行ってきました。
ついでにメロンのカードも作ってもらったのですが、
あれってカードだけならいちいち個人情報書かなくてもいいのですね。
今のところ、成人向けとか買うつもりないし……ないですよ。

そんなわけで、今日は同人誌の感想をば。
一応お断りしておきますが、筆者はまだ東方の二次創作品に触れて日が浅いので、
あんまりどこが有名とか詳しくありません(音楽方面は多少わかってきたけど)。
既刊も混ざってますが、その辺は気にせず行きたいと思います!

・東方総集編 アンデパンダン & アンデパンダン2
三月精の比良坂さんの東方同人誌総集編。
三月精は大好きでした!
ほんと、あそこまで愛に満ちあふれた作品はそうそうないんじゃないかと。

それはそうと『アンデパンダン』について。
一番古い年越し鍋の話がどのキャラもかわいくて賑やかで楽しかったです。
アリスとパチェのいがみ合いがかわいすぎる。
そして安定の中国オチ(笑)
雪合戦の話とか、魔理沙はいかにもあんな無意味な努力してそうだなぁ。
最後の守谷一家の4コマもテンポよくて面白かったです。
諏訪湖のグダグダに笑ってしまった。

2は紅魔メイン。シリアス成分多めですね。
定番ネタ(といっても私は全然知らないけど)のレミリアお嬢様と咲夜さんの出会い話とか、
妖怪と人間の寿命ネタとかが収録されてます。
この辺の話は永夜抄でもあったので違和感なく読めますね。

あとがきでは次は三妖精本だそうなので、期待してます。

・poprication 『泣かないきみに』 『正しい冬の過ごし方』
前者はC82が初出。
レイマリの幼少時の話です。
短いながらもうまく霊夢と魔理沙の関係が描かれていて良かったです。
霊夢は掴みどころがないキャラですよねぇ……。三月精の最終回を読んで、少しわかった気もしましたが。

『正しい冬の過ごし方』は一転、ひたすらイチャイチャしている話。
前にも書きましたが、三月精が出てきて「〇〇大作戦!」って言うのがなんか無性に嬉しかったです。
おかしいな、こんなに三月精好きだったっけ……?

CDの感想も書くつもりだったけど、思ったより長くなってしまったのでここまでにします。
積みCDがまた増えた……。
関連記事


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://www.yunonote.net/tb.php/13-24fac494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)