博麗神社の鳥居の向きはどっち?(訂正)

(最終更新:9/21 2:00)

岳葉楼 博麗神社考
幻想郷地理考察 博麗神社/幻想郷の端 - Togetter
東方セリフ蒐集所 東方花映塚 てゐVS霊夢
よく博麗神社の鳥居の方から来客くる描写あるけどあれってあり得ないよな|2ch東方スレ観測所
博麗神社とは (ハクレイジンジャとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

かなり長い記事です。

博麗神社の鳥居について、気になったことが二つ。

まず一つ目は鳥居の位置。

博麗神社が東の端にあり、鳥居はさらに神社の東、つまり結界の外側の方に存在すると言われています。
その根拠としては

・幻想郷の東の端に存在する唯一の神社。(求聞史記)
・「そうそう、霊夢は鳥居の向きを東じゃなくて南向きにすれば、もっと幸運が訪れるわー。」(花 てゐvs霊夢)
・神社からみるとお彼岸の日には鳥居から日が昇り──(三月精)
岳葉楼 博麗神社考



ということが挙げられています。
また、三月精第2部16話「天体の悪魔と神」でも、太陽は神社から見て鳥居のある方から昇っているようです。
従って、鳥居は神社よりも「太陽の昇ってくる方角 = 東側」にあると推測されます。

しかし、そうなると「博麗神社は幻想郷の東端」であることから、神社へ行くための石段は実は境界の外の方へずっと伸びていることになります。神社よりも東に行ってしまって大丈夫なのか? 結界の端っこはどうなっているのか? という疑問が浮かびます。

また、もし石段が幻想郷の境界の先へ伸びているのが問題ないとしても、鳥居が外を向いているということは幻想郷の住人が石段を登って来るためにはわざわざ山を回りこんで来る必要があります。地上を歩くしかない普通の人間は仕方ないとしても、魔理沙のように空を飛べるキャラはわざわざ鳥居の方から神社を訪れる必要が全くありません。
しかし、実際のところは公式マンガでも鳥居の方から来るキャラがほとんどです。

これらの疑問を解決する手段としては

1.そもそも結界を超えても問題ない
結界の先の方まで石段が続いていて、そっちの方まで歩いていっても別になんともない。
2.石段が山の途中で折り返している
結界は神社を囲む森全体なので、山の途中で折り返して幻想郷側に向かえば石段は幻想郷の中に収まる?
3.鳥居は一つではない
三月精では神社の周りは森で囲まれているようなのでさすがにないかな。
4.幻想郷の中では太陽の昇ってくる方角 = 東ではない
常識と非常識の境界で、幻想郷の太陽は西から昇ってきます。
5.幻想郷は端と端が繋がっている
RPGの地図のようにループしている。つまり、幻想郷の東端 = 西端。

などが考えられます。



9/20 追記
あと、求聞史紀の記述が間違っているという可能性もありますね。公式書籍であっても内容を100%信頼できないのが東方の怖いところ。

ここまでの内容は基本的に上のリンク先の内容をまとめたものですが、個人的な考えを述べるならば石段が博麗神社より東の方までずっと続いているというのは疑問です。それを言い出したらそもそも神社が「東端」でなくなってしまいます。

もちろん、常識と非常識の境界は物理的に超えられる結界ではありません。
ただ、だからといって神社の外側にもずっと「幻想郷の住民にとっての常識の世界」が広がっているというのは自分にはピンと来ないです。作中で何度も「幻想郷は狭い」と言われている以上、そこには物理的に行くことができる限界が存在するはずだからです。
単純ですが、恐らくバリアのような見えない壁が存在するというのが私の考えです。

ただし、博麗神社に関しては常識の有無で行ける場所が変わるのでしょう。つまり、「幻想郷の常識を持った人間は幻想郷の博麗神社に、外の世界の常識を持った人間は外の世界の博麗神社にしか行くことが出来ない」と(求聞史紀の霊夢の記事より)。
外の世界と幻想郷のどちらでもある「境界」部分は、二つの世界が重なりあっているため、このような仕様になっているのだと思われます。
ここまで追記



さて、もう一つの話題。本題はこっち。
気になることの二つ目は、鳥居の向き。鳥居は外と内、どちらを向いているかです。
以下、博麗神社とは (ハクレイジンジャとは) [単語記事] - ニコニコ大百科からの引用。


135 : ななしのよっしん :2012/06/28(木) 15:46:12 ID: rZCGpF4NnE
鳥居側は幻想郷側じゃない外の世界側な設定を知らん人って多くない?
二次どころか商業での東方漫画でも鳥居側からキャラがやってくるばかりだが
136 : ななしのよっしん :2012/06/28(木) 23:35:52 ID: s5Bzf/ahS7
ところがどっこい紅魔郷のEDでレミリアが鳥居側から神社に入ってきたりするんだな
まぁ、細かい事は気にするな!ということだ
137 : ななしのよっしん :2012/06/29(金) 00:49:49 ID: JA8NlNWXKO
だよねえ。
神社に来るのに鳥居から入ってくるのは別におかしなことじゃないとも思う。遠回りになろうとも、絵的にも分かりやすくて見栄えがするし。
鳥居のある側には空間すらないような謎の世界観の人がいるのは、設定の表現じゃなくて字面に囚われすぎだと思う。
138 : s :2012/07/04(水) 08:41:31 ID: et/PucoLj3
>>136
いや、鳥居の境界上に結界が存在しているわけではないだろ
前に、この事を考察してるスレッドがあって上手く図式化されてるのがあったから、漁ってみるといいかもよ。
139 : ななしのよっしん :2012/07/04(水) 22:23:28 ID: OGU1kR1SMm
鳥居側は外の世界側って公式に言及されてるのかね。
どこかの考察がいつしか公式設定と勘違いされてたりするケース?
140 : ななしのよっしん :2012/07/04(水) 22:32:42 ID: PnHffP+KJZ
鳥居の外が二つの道に分かれてて外界側と幻想郷側があるんじゃね?
こんな感じで

   博麗神社
    ||
   〇鳥居〇
    ||
    ||
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ←幻 外→
141 : ななしのよっしん :2012/07/05(木) 01:08:02 ID: JA8NlNWXKO
>>139
それ気になるね。この記事にも書いてあるし。

>>140
三月精「二つの世界(前編・中編・後編)」より霊夢のセリフ。
「この神社は幻想郷と外の世界との境界にある場所なの。境内は文字通り境界の中という意味ね」
「つまりこの神社のある場所は幻想郷でも外の世界でもない、もしくはどちらでもある」
長いので省略すると、神社は"境界の中"に存在している、それ故に"境界線"は存在しないと説明してる。

この話のラストは八雲紫が境内の大木に引っ越した三妖精の声を聞きながら同時に外の世界の風景を眺めていて、さらに外の世界と幻想郷の同じ場所の異なる風景が重なりあう描写で境界の話というか世界観の設定を表現してるんだよね。このために3話分も使ってるし。
142 : ななしのよっしん :2012/07/18(水) 14:35:01 ID: jKfQN4F+Zh
>>140
俺は鳥居の場所は境内の幻想郷寄りにあるけど、
鳥居自体の向きが幻想郷の反対を向いてる(鳥居の正面が神社本殿の方を向いて立っている。)と解釈したんだが違うんだろうか…

143 : ななしのよっしん :2012/07/18(水) 14:46:36 ID: V21HZjkaLR
>>142
つまり…図を拝借すると

   外の世界
     ↑
   博麗神社
    ||
   〇鳥居〇↑正面
    ||
    ||
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ←幻 幻→
かな?
144 : ななしのよっしん :2012/07/18(水) 18:19:13 ID: jKfQN4F+Zh
>>143
そういうことですね。
わかりやすい図解ありがとう。
145 : ななしのよっしん :2012/07/18(水) 18:28:56 ID: JA8NlNWXKO
>>142
鳥居の向きはそれで正しいと思う…。
絵で確認すると鳥居の正面って額の付いてる側のことだと思うのだけど、
三月精は途中まで鳥居は外を向いてて描写も曖昧だったのが、途中から
ハッキリと意識して内側向きに描かれるように変わってる。
ところが、もっと新しい茨歌仙ではまた鳥居は外向きにハッキリ描かれてるんだよなあ。


>>143
神主のテキストで「外の世界と幻想郷は陸続きだけど位相の少しズレた世界」と説明されてるから、「ここから先は外の世界」みたいにはなっていないと思うよ。
外の世界には外の世界の博麗神社があるという話みたいだし。
146 : ななしのよっしん :2012/07/18(水) 18:44:58 ID: jKfQN4F+Zh
>>145
もしかすると「外の博麗神社の鳥居」と「幻想郷の博麗神社の鳥居」が同じ位相に存在していて、
普段は「外の博麗神社の鳥居」である幻想郷の外側を向いたの鳥居が幻想郷で見えているけど、博麗大結界が強まるか弱まるかすると本来の幻想郷側の鳥居ある幻想郷の内側を向いた鳥居が現れるのではないかという妄想をした。

イミフな文章スマソ。
147 : ななしのよっしん :2012/07/21(土) 23:26:31 ID: UxsLn/Asp1
てゐに鳥居の向き変えろと言われてたけど、移築したところで
舞い込んだ幸運(金)<移築費用
になると思ったのは俺だけじゃないはず
148 : マスターハンド@プレミアムではない原点回帰 ◆4PJApj2GCE :2012/07/27(金) 13:22:33 ID: B+CC+Nxrj1
   博麗神社
    ||
   〇鳥居〇
    || 俺的なマップ
    ||別のゲームと混ぜてスマソ
 ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄↓ハザマタウン
  ←幻 外→
149 : ななしのよっしん :2012/08/12(日) 15:44:11 ID: pDfkUQI/sX
>>142
今確認できないけど「(神社から見て)鳥居から日が昇り」という記述があった気がする。多分三月精。
150 : ななしのよっしん :2012/08/26(日) 22:33:56 ID: d1RsCSf9Gt
いつから鳥居が一つだけだと錯覚していた?

博麗神社とは (ハクレイジンジャとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
(強調は引用者)




そもそも神主はマンガの描写にどこまで関与しているのか? という疑問は脇に置いておくとして……。

白三月精は手元にないので確認できないのですが、上にも書かれている通り比良坂さんの三月精では鳥居の『額』は内向きです。
第2部でも序盤(下の第7話の画像)では外向きにも見えるのですが、それ以降は確認できた限りどれも内向きに描かれています。
特に、23~25話「二つの世界」では何度も描かれているのではっきり確認できるでしょう。間違いなく意図的にそう描かれています。

image - コピー
第2部1巻7話。石段の方を向いている?

image - コピー
第2部1巻8話。神社の内側から鳥居の額が見える。これ以降はどれも内向き。

image_1 - コピー
第2部3巻23話「二つの世界 前編」扉絵。はっきりと額がこちら向きに描かれている。


しかし、第3部になると変わります。1話や2話では今までどおりに見えますが、5話以降(4話でも?)から普通に石段側を向くようになっています。
さらに第3部1巻の表紙でもおもいっきり石段側を向いて建っています。これ以降、鳥居の向きはずっと外向きです。

image - コピー
第3部1話冒頭。今までと同じく、額は石段に背を向けている。

image - コピー
第3部1巻4話。今までと逆向き?

image - コピー
第3部1巻5話。後ろに本殿があるので今までと向きが逆になっている。これ以降はずっとこの向き。

200911000528.jpg
第3部1巻表紙。額が外向きになっている。

image_1 - コピー (2)
最終回でも鳥居は石段の方を向いている。

まとめると、三月精では鳥居の額の向きは第2部から第3部の3話までは神社本殿の方を向いていたのですが、それ以降は一貫して石段の方を向くように変更されています。

せっかくなので、他の公式マンガも確認してみることにします。

儚月抄
三月精第2部と同時期に連載していましたが、最初から最後まで鳥居は石段の方を向いています。
image - コピー (2)
儚月抄1巻カラーページ。

image_1 - コピー (2)
儚月抄3巻最終回。

茨歌仙(雑誌連載分は未確認)
基本的に石段の方に額があるようですが、そうでない場合もあります。
image_2 - コピー (2)
第1話。石段向き。

image_1 - コピー
第5話。やはり石段向き。

image - コピー (2)
第11話。ここだけ神社向き?

鈴奈庵(同上)
ほとんど見えないため判別不可。
image - コピー
関係ないけど、神社から湖はこういう方角に見えるのね。


こうしてみると、はっきりと意図的に額の向きを内向きにしているのは三月精の中盤だけのようです。

神社やお寺には詳しくないので間違っていたら申し訳ないのですが、なにか理由がない限り鳥居の額は参拝客の来る方を向いているのが普通に思います。

では何故、比良坂版三月精でのみ鳥居の向きが内向きだったのでしょう?
神主の指定? それとも比良坂さんの判断? 途中から変わった理由は?
内向きと外向きとで何らかの意図が(比良坂さんには)あったのは間違いないでしょうが、それに神主の意図がどこまで加わっているのかは推測することしかできません。もしかしたら、一つ目の鳥居の位置に関する設定と関連するところがあるのかもしれませんが、これも推測です。

いずれにしても、途中から変更したということはもう額の向きは外向きということになったのでしょう。鳥居の向きについて考えることはこれ以上は意味がないと思われますし、二次創作ではどちらで描かれていても間違いにはならないということでいいと思います。


とりあえずこんなところで。
なにかツッコミどころ・追加情報あればコメント欄に書いていただけると喜びます。



9/21 追記訂正
すみません、大嘘ついてました。
上の方で「第3部の4話以降は鳥居の向きはずっと外向き」と書いてましたが、これは誤りでした。
再度確認したところ、第3部4話から13話までは外向きなのですが、第3部の14話(3巻)以降では、内向き・外向き両方が混在し、一貫性がありませんでした。

image - コピー
第3部14話。額が内向き。

image (1) - コピー
15話。後ろに本殿があるので外向き。

image (3) - コピー
17話。内向き。

image (2) - コピー
最終18話。判別しづらいが、今までの描き分けの仕方からみて恐らく内向き。

上にも描いたように、最終話には外向きに額が描かれているコマもあります。

以上から、三月精では(特に第3部3巻で)特に鳥居の額の向きについては決まっていないということになりそうです。
少し言い訳すると、少なくとも第2部の「二つの世界」ではすべて内向きに描かれています。また、第3部では4話で初めて外向きになってから2巻の最後までは外向きです。ただ、最終巻から額の向きが一定でなくなっているみたいです。

こうなると、鳥居の向きについてなんらかの意図があったのではないかという推測もかなり信憑性が薄いですね。途中までは一貫性があると思ったのですが……。

結構時間をかけて書いた割にあまり実らない結論になってしまいましたが、一応上で引用した掲示板の書き込みでも鳥居の向きに関する議論が存在したので、そのあたりの情報をまとめる意味は一応あったかと納得しつつ、ここまでで終わりにしたいと思います。
関連記事


コメント

読みたい奴だけ読め

かなり昔の記事にコメントするのもどうかと思いますが……。(そもそもこれはコメントというより長ったらし過ぎる意見だ、さらに説明下手。)まあ、かなり長い記事にはかなり長いコメントがお似合いってことで。
公式ネタと矛盾が存在する可能性がありますが、私が「これだ」と思う一説をここに記そうと思います。私はこの説、夢現現夢(ゆめうつつげんむ)説と呼ぶのが相応しいと思うのですがどうでしょう。(どうだって言われても……。)
香霖堂店主の話でも聞くつもりで、読みたい人だけ読んで、「どうでもいい」で終ってしまえばそれでいい気もします。(名前を霖之助にした方がよかったか。)
ちなみに、茨歌仙五巻で紫が非ユークリッド空間とか言っていますから、(言ったと霊夢が言っていますから、)本気で考察する場合は空間への専門知識は必須だと思います。

本題へ。
博麗神社の鳥居の向きの矛盾について論じるには、まず根本的な幻想郷の在り方を考える必要があります。今からは、この世界に「地理(物理)的世界」と「常識(精神)的世界」があると考えて読んでください。
まず、博麗神社(と幻想郷で呼ばれている神社)を外界から見た図を考えます。
   ______
  /  __  \
/  /  \  \  ←    北
|  | A面 |博麗| B面  西 東
\  \__/  /       南
 \______/
  ↑円状の境界

地理的には A面=幻想郷、B面=外の世界 となります。当然、鳥居は東側に位置し、太陽は鳥居の方向から昇って来ます。
この時、A面とB面の考え方が重要で、以下のように考えます。
A面……常識的に無変的で、地理的に有限的な空間。
B面……常識的に有変的で、地理的に無限的な空間。
ここでの常識は、人間の思考が多大に影響するもの、つまり人間を含めた、思想、概念、文化、技術、想像上の動物、妖怪、幽霊から宗教、世界の在り方への考え方、などなどを指すと考えます。そしてA面はただ自然が存在するだけだとします。
つまり、我々が神社を御参りする行為は「常識=人が外の世界から幻想郷へと流れていく」ように捉えることができます。まあ、結界がありますから幻想郷には入れませんが。

このことが幻想郷の中では、地理的には同じでも常識的には真逆のことが成り立つ訳です。

では、博麗神社を幻想郷から見てみましょう。
   ______
  /  __  \
/  / →\  \
|  | A面 |麗博| B面
\  \__/  /
 \______/
  ↑円状の境界

ひとまず先程のことを常識的に真逆にして記そうと思います。
A面……常識的に有変的で、地理的に有限的な空間。
B面……常識的に無変的で、地理的に無限的な空間。
「常識が幻想郷から外の世界へ流れていく」

……済みません、意味が分かりませんね。
つまり、地理的には A面=幻想郷、B面=外の世界 であることに間違いないのですが、常識的には、外の世界の(失われた)常識がA面に存在しているのです。そうですね……本来場所と常識は共にあるべきなのに、常識だけを切り離し、捻じ曲げて、交換してまたくっつけたといえば分かりやすいのでしょうか。
そして常識だけを捻じ曲げてしまうのが、幻想郷を覆う「常識を仕切る結界」という訳です。
実際このシステム、ややこしいですがかなり便利です。地理的には離れていても常識(意識)的にはくっついているのですから。全国どこにいようとも、忘れられれば幻想郷に容易にやって来る。神隠しに遭っても幻想郷に辿り着く。海外の想像上の妖怪も、文化としての洋館も、簡単に幻想郷に移転することができる。反対に結界が緩んでしまえば、容易に外の世界の「どこか」に辿り着き、そして簡単に戻すことができる……。
ちなみに、常識的にくっついているのに日本の文化がほとんどなのは、幻想郷創設時に妖怪と一緒に結界の中に入ったのが日本人だったからと考えるのが妥当でしょう。
ただし、ここで問題が一つ。今までのは常識による移動でしたが、結界を通って物理的に外の世界を目指す(行けはしないが目指すことはできる)となると、常識=人は内側から外側へと移動しなくてはなりません。しかし博麗神社は外の世界では東側=外側を向いている。これはどうしたものか。
答えは簡単(?)。博麗神社は結界の中にあり、場所と常識が一致する外の世界と、場所と常識がひっくりかえった幻想郷の、両方共に属します。そのため、空間も、常識も歪んだ場所となってしまっているのです。ちょうど結界の所だけ、鏡写しのように入れ替わってしまっている。だからややこしいことに、人里の東側に博麗神社があるのに対し、博麗神社の東側には人里が存在する訳です。恐らく、朝、人間の里から神社を目指せば、行きは前にあったはずの太陽が気付けば後ろにあるという事態が起こるのでしょう。もっと言えば、ずっと太陽を見て進んでいた場合、きっと同じ所をぐるぐる回ることになると思います。
ただし、それ以上にややこしいことがあるのです。それが本本題の鳥居の存在。境内もそうですが、鳥居は神社と外との境界なのです。これがややこしい。外の世界と幻想郷との境界であるために訳の分からなくなった博麗神社と、さらに幻想郷との境界を担っているのが鳥居なのです。それゆえ鳥居も、神社が外内両方に属するように(もしくはその両方に属さないように)、博麗神社と幻想郷の両方に属して(属さないで)いるのです。ただし、博麗神社と幻想郷とでは東西の向きが違う。それゆえにある時は神社の方を、ある時は人里の方に額がある訳です。やった、これにてやっと解決。


……とまあ、ここまで意味不明なことを述べましたが、作画ミスだとか、絵になるからとか、そういうことを言ってしまうのが一番簡単だろうとは思います。そう言ってしまえば、ただの妄想にすぎない理論ですし……。しかしこう考えてしまえば一件落着するだろうとは思うんですけどねえ……。説明下手で済みませんです。
仮に最後まで読んでくださった方がいたら本当に有難う御座います。(コメントで何言ってんだ? 私……。)

  • 2015/05/06(水) 02:30:53 |
  • URL |
  • 夢現 #oglomJE2
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://www.yunonote.net/tb.php/266-9558f255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)