第一回デジゲー博 簡易レポ(ほぼ上海アリスの旧作展示について)

地底の読心裁判 - 上告第一回デジゲー博に行かれた方はお疲れ様でしたー。電車でひと駅だったので、両方行ったという方も少なからずいたのではないでしょうか。

自分は最初読心裁判の方に行ってひと通り見て回ってからデジゲー博の方に行く予定だったのだけど、神主の旧作展示の情報を電車の中で見たときはリアルに声が出そうになった。




予定通り昼過ぎに蒲田Pioに着いたときには神主のブースの周りは2,30人に取り囲まれて、みんな食い入るように画面を見ていた。

写真 - コピー
↑写真。ぶれまくってるけど。

ちなみに、旧作だけではなくWindows版東方(黄昏作品は除く)と黄昏酒場も右側のタブレットPC+PS2コンで遊ぶことができました。そっちはあまりやってる人いなかったけど。

プレイの順番は特に一列に並んだりはしておらず(並んだら画面見れないし)ゲームオーバーになったらやりたい人が手を挙げて交代、という感じ。お互い譲り合っているような雰囲気でした。
なんか旧作見ながら話している周りの人たち、みんな自分よりはるかに東方に詳しいような濃い人ばっかりでした。Twitterでフォローしてる人がこぞってプレイしてて「あ、さっきプレイしたのあの人か!」と内心びっくりしてたり。


自分は幻想郷に靈夢で挑戦して4面でゲームオーバー、残念ながら魔理沙には会えなかったー。でもBad Apple!!は聞けたので満足。
幻想板の書き込み引っ張ってくるけど、PC98のテンキーが

←→

こんな感じで慣れないぶん操作ミスが多かった。抱えまくってしまったし。

が、その前に幻想郷をクリアした人のプレイが見れました。拍手。幽香の極太レーザーは鬼w
思っていたより画面がきれいでゲームとしてもそんなに見劣りしなかったな。

その後、全体も見て回りましたが適度に人がいて盛り上がっていました。なによりサークルさんが一番楽しそう。神主も他のサークルのゲーム遊んだり、自分のブースで話したりしている間ずっと楽しそうな笑顔でよかった。
ポリポリクラブの木村さんが神主のブースに来て写真撮ってるところも見ました。

ヘッドマウントディスプレイOculus Riftを使ってるサークルがたくさんいたり、壁に画面を投射したところがあったり、他のイベントではできないような展示がたくさんあったのも魅力的。

閉会間際に神主のブースに戻って、他にやる人がいなさそうだったので2回目のプレイ。今度は直前にやっている人を見て靈異伝に挑戦。ブロック崩しみたいと聞いていたけど実際やってみると全然違う。っていうか面白いじゃん!
事前に操作方法調べてボム撃ったけど、どんな演出だったかよく覚えてない。意外と難しくて5面のボスのシンギョクでゲームオーバー。もっとやり込みたかったー。
その後、コンティニューで引き継いだ人がシンギョクを倒して次の面でゲームオーバーになったところで閉会。

デジゲー博について、今後の予定は未定のようだけど主催のD.N.Aさんは定期開催を目指しているようなので、来年以降も期待。

関連記事
デジゲー博で神主が東方旧作(+Windows作品)を展示・実機でプレイ可能 - Togetter
↑まとめました。ちらほら面白い話が。

東方Projectを記録するブログ : 同人&インディーゲームオンリー展示即売会「デジゲー博」での上海アリス幻樂団スペースのレポート
↑東方幻想板のレポ。
関連記事


テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://www.yunonote.net/tb.php/328-b622a38c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)