th14.3 弾幕アマノジャク ~ Impossible Spell Card. プレイ記録 その3

サークル:上海アリス幻樂団
5/11 博麗神社例大祭11頒布

東方Project 第14.3弾
  「弾幕アマノジャク ~ Impossible Spell Card.」


以下、ネタバレ注意。




----------------------------------












----------------------------------

5/13 20:00 一応書いておきますが、これは正確な攻略情報やどの装備でクリアするのが楽かを伝えるような攻略記事ではなく、あくまで自分のプレイ記録に過ぎません。

th14.3 弾幕アマノジャク ~ Impossible Spell Card. プレイ記録 その1はこちら
th14.3 弾幕アマノジャク ~ Impossible Spell Card. プレイ記録 その2はこちら

上の記事からの続きで、これでラストです。
七日目~最終日(十日目)まで

七日目
冥界へ移動。……と思ったらなぜか自機組が大登場。
霧雨魔理沙、十六夜咲夜、魂魄妖夢、東風谷早苗の4人。

7-1(デコイ人形・打ち出の小槌)
「ワイドマスター」というスペカ名の極太レーザーを撃ってくる。デコイ人形での誘導が常套手段かな。ただ、魔理沙ちゃんが狙いを定めるタイミングが実際にレーザーを撃つよりもかなり早いようで、一つ前のレーザーが終わった直後ぐらい。なので、人形が消えたあとも人形があった方に向かって撃ったり、逆に人形を設置してもその前に自機があった方に撃ってきたりするのが注意点。

7-2(地蔵・打ち出の小槌)
な、なにが起こったのか分からねえと思うが(ry
なにがなんだかよく分からないまま、普通に左右に避けて地蔵で1ミスクリア。

7-3(打ち出の小槌・陰陽玉)
どの装備が有効かいまいち決められないまま、やけくそで打ち出の小槌いったらクリアできた。回転して弾を避けながら妖夢の斬る範囲の内側にうまく入って物理で殴る!これでいけてしまうのだから恐ろしい。

7-4(ひらり布・打ち出の小槌)
上下からのレーザーに続いて左右からの不規則レーザー。さらに全方位御札弾。
運ゲーにしないためには横からのレーザーをひらり布でしっかりさばく必要がある。上下から来るレーザーは上からと下からが左右交互に入れ替わるので、(下の方で避ける場合)上からのレーザーが来る方に移動すればその次の左右からのレーザーまでしっかりひらり布で避けきれるようになる。

7-5(デコイ人形・打ち出の小槌)
連射レーザー。レーザーは壁に当たったら星弾が降ってくるので下の方にデコイ人形を設置して中央付近で撃ちこみ。人形設置は2回で十分倒せる。

7-6(デコイ人形・打ち出の小槌)
またしても初見殺し。でもデコイ人形あれば楽勝。

7-7(地蔵・陰陽玉)
横斬りと縦斬りの繰り返し。
弾は回転でも避けられるけど隙間をうまく抜けたり。まあ装備見ても分かるとおり気合で避けるだけですね。

7-8(アイテム未使用)
今までと比べて妙に簡単だった。
アイテム未使用で一発クリア。

八日目
正邪「もう吹っ切れた!逃げも隠れもしないぞ、全てを敵に回してやる!」
正邪、ちょっとかっこいい。

登場キャラは少名針妙丸、博麗霊夢、二ッ岩マミゾウ。

8-1(アイテム未使用)
針妙丸さんついに登場!
th143_002.jpg
「一緒に降伏しよう」という針妙丸の言葉をはっきり拒絶する正邪はやはり素晴らしいまでの外道。

8-2(地蔵・陰陽玉)
針妙丸に協力してか、霊夢も登場!
ダブルスポイラーでもあったけどお祓い棒を振る霊夢のドット絵はかわいい。
カラフルできれいな「反則結界」。精密な操作が必須。
地蔵のゴリ押しで一発クリアできたけど、そのあと無性にアイテム未使用でクリアしたくなって53回目で取得しました。
反則に見えて反則じゃないじゃないですかー。霊夢さん優しい。

8-3(地蔵・陰陽玉)
マミゾウさん再登場。
神霊廟EXの「延羽化弾幕変化」とほぼ同じ?
攻略のコツも同じで、下に撃たれた丸弾が鳥に変化する前にくぐる。アイテム未使用も十分可能。

8-4(陰陽玉・陰陽玉)
まあセオリー通りに陰陽玉を使うという感じで。

8-5(スキマ傘・デコイ人形)
「パスウェイジョンニードル」
th143_019.jpg
まさかの通常ショット!敵に回すと恐ろしい。ボスの方からはこういう風に見えているんだろうか。
自機が霊夢の正面に立つと通常ショットのようなレーザーを撃ってくる。
サブ装備のデコイ人形でショット強化しつつ傘でワープが安定かな。
丸弾が途切れるタイミングを狙って切り返せばアイテム未使用でクリアも可能。霊夢はレーザーを撃つとき立ち止まるからうまく引きつけて切り返すタイミングを調整する。

8-6(デコイ人形・打ち出の小槌)
いーいーな、いーいーな、にーんげんっていいなー。
出現した人間弾が3回後から黄色弾を発射するようになる。
マジックボムで少し試行錯誤したけどやっぱり自機狙いに対してはデコイ人形が有効か。
デコイを設置しても油断はできないし倒しきれるか結構ギリギリ。

8-7(デコイ人形・打ち出の小槌)
いやらしい角度からの輝針剣+自機狙い。
自機狙いはデコイで誘導してあとは気合しかないかなあ。

九日目
正邪ちゃん超調子のってるw
八坂神奈子・洩矢諏訪子・物部布都・伊吹萃香。
統一性のない登場キャラだなぁ。布都ちゃんが萃香や神様たちと並んでるのか。

9-1(ひらり布・打ち出の小槌)
シーン名「イエーイ、ライジング!」ってw 
レーザーはボスマーカーの端あたりで当たる。ひらり布で弾を避けるけど、あとからくるway弾の射線に重なってしまっても落ち着いて弾と弾の間でひらりを解除してうまいこと避ける。

9-2(マジックボム・打ち出の小槌)
上から降ってくる緑弾が下にぶつかって弾ける。ボムで消しつつの速攻。

9-3(マジックボム・打ち出の小槌)
布都ちゃんが舟に乗って自機を追いかけつつ左右を移動。
舟には自機ショットは当たるけど自機が舟に当たっても死なないので積極的に撃ちこむ。自分の場合、下から上へできるだけ急な角度で誘導→少しずつ下へ→下まで行ったらボム撃って上へ、の繰り返しでした。デコイ人形で誘導でもよかったかなと後から思う。

9-4(デコイ人形・打ち出の小槌)
文花帖でもあったような弾幕。
デコイ人形で誘導すればそこまで難しくない。ミニ萃香が画面の外から弾撃ってくることもあるので注意。

9-5(ひらり布・打ち出の小槌)
できるだけ赤弾のない方に行きつつひらり布でめいっぱい回避。

9-6(地蔵・打ち出の小槌)
端まで避けたら地蔵でミスしてのゴリ押しで勝てる。3ミス。

9-7(ひらり布・打ち出の小槌)
弾の動きがよく分からないけど、弾が来たらひらり布で避ける感じで。サブ装備の打ち出の小槌と合わせてMAX9回分あればなんとかいける。弾に隙間があれば自力で避けてもいいけど無理は禁物。

9-8(マジックボム・打ち出の小槌)
これも文花帖で見たような。
できるだけ溜めてからマジックボムで一掃。

最終日
いよいよラスト。
ここまでは流れでなんとか来れたけど、ここで初めてアイテムのレベルが足りなくてどうしてもクリアできないというシーンが何個か出てきた。序盤のシーンでクリアできるものをクリアしちゃうといいかも。
登場キャラは聖白蓮、豊聡耳神子、比那名居天子、レミリア・スカーレット、八雲紫。

10-1(地蔵・打ち出の小槌)
ひたすらパターン。

10-2(地蔵・陰陽玉)
周囲から神子様に集まってくる中弾と高速のレーザー。レーザーは最初だけ奇数でそれ以降はずっと偶数(神子様の真下が空く)。(5/13追記 違う気がしてきた)
あまり近づき過ぎない方がいいかも。
アイテム未使用も無理ではなさそうだけどかなり厳しそう。

10-3(地蔵・デコイ人形)
マジックボムとかデコイ人形とかいろいろ試したけど最終的に攻略もへったくれもないゴリ押し装備になった。時計回りに回って避ける、それだけ。

10-4(送り提灯・打ち出の小槌)
これ逆に送り提灯以外で避けられるんだろうか……。正解が一つしかない気がする。

10-5(陰陽玉・地蔵)
4回で1ループの弾幕結界。
耐久スペルではないのでショットは忘れずに。まあ普通に撃ってれば1ループで終わるだろうけど。
陰陽玉を用いたパターン構築。第3波はワープ先が全方位弾に当たらないかよく注意。第4波は紫の正面あたりを中心に弾が形成されるので内側に入り、青弾はサブ装備の地蔵で死んで回避で終了。

10-6(デコイ人形・地蔵)
ぐにょんぐにょん曲がるレーザーが厄介だけど、星弾がなければ完全パターンに過ぎないわけで、デコイ人形で星弾を誘導してレーザーは自力で避ける。護身用にサブ装備の地蔵もあれば意外と楽。

10-7(トイカメラ・打ち出の小槌)
「十七条の憲法爆弾」!!
上から降ってくる3つの中弾からそれぞれ十七条のレーザーが出てくる。
カメラで3つのうち2つを消す。通常だと範囲が狭くて難しいが、サブ装備の打ち出の小槌で範囲強化。ただ、カメラの使用回数が6回だと足りなくてラスト1回は弾が消せなかったのを運よく避けられたという感じ。カメラのレベルがMAXだったらこれで問題なくいけるはず。

10-8(打ち出の小槌・マジックボム)
挑戦回数154回。集中切れかけてたのもあるけど、これが今回一番時間かかりました。
打ち出の小槌で4回殴る。サブ装備のマジックボムはメイン装備発動時に周囲の弾を少しだけ消す効果があるのでそれで要石を消しつつ攻撃という戦術。ショットは天子よりも要石の破壊を優先。開幕直後はショットを撃って下から弾がきたあたりでガンガン殴る。
(5/13 追記 サブ装備デコイ人形で数回やったらあっさりノーアイテムクリア出来た)

10-9(マジックボム・スキマ傘)
レミリアが自機を追いかけてきて一定距離まで近づくと爆発。爆発は回を重ねるとどんどん大きくなっていくのでむやみに近づかないように。
うまく撃ち込めるパターンをつくる。ボムで弾消ししてスキマ傘を補助で活用する。上から下へのワープが便利。

10-10(地蔵・打ち出の小槌)
最初ちょっとビビるけど難しいのは終盤だけ。地蔵4回あれば十分。段階は体力ではなく時間で自動的に進むっぽい。アイテム未使用でクリアしたいな、これ。


以上で、「弾幕アマノジャク」全シーンクリアとなりました!(パチパチパチ)
総プレイ時間は6:29:37


やりごたえという点では、間違いなく面白かったです。普通に避けたりゴリ押ししたりもできるし、普通とは全然違うような避け方で進むこともできます。まあ、シーンによりけりですが。
シーン名は遊び心たっぷりで素敵。「喧嘩とアレは江戸のアレ」とかw

ただ、神主が頒布前に難しい難しいと言っていたのでもっと鬼畜なのを想像していたのですが、思っていたよりは簡単でしたね。文花帖・ダブルスポイラーオールクリアよりは難易度が一、二段下がるんじゃないでしょうか。パズル要素が強い形式なので人によるかもしれませんが。

それと、特定のアイテムでないとダメとか、アイテムレベルが高くないとダメ、みたいなシーンは個人的には自由度が低すぎて好きじゃないかな。10-4が一番顕著。まあ、そういうのできちゃう人もいるかもしれませんが。

今回は開発期間がかなり短かったみたいで、実際そのように感じられる部分もあるのですが、やはり買って損はない、がっつり楽しませてくれるゲームでした。

最後にストーリーについて。
意外とあっさりというか、これで終わり?という感じ。

私が発売前に予想していたストーリーは、正邪が幻想郷に受け入れられるというものでした。
三月精の最終回が一番分かりやすいですが、霊夢らに退治された妖怪たちは死ぬわけでも敵対し続けるわけでもなく、打ち解け合うのが東方の基本的なストーリーです。異変が終わったら敵も味方も関係なくなり、一緒にお酒を呑む仲になれるのが幻想郷です。

『Febri vol.19』での輝針城インタビューで使われていた言葉を借りるなら「優しい世界観」。この言葉を出したのはインタビュアーの小此木さんの方だけど。

――相変わらず優しい世界観を貫きますね。
ZUN 僕は暴力的な話が好きじゃないですからね。
――シューティングゲームの根幹を否定するような話を!?
(Febri vol.19より引用)



その点、正邪は明らかに今までのボスとは違います。正邪は異変が終わったあと逃走し、他のキャラと全く打ち解けませんでした。針妙丸が神社に住み始めたのとは対照的です。
なので、この「弾幕アマノジャク」は正邪が他の妖怪たち同様、霊夢たちと戦って仲良くなることが目的の作品かと私は考えていたのですが、その予想は外れていたようです。

正邪は降伏を拒絶し、幻想郷に受け入れられることを拒絶した。こうして彼女は味方を失った。
天邪鬼は結局どこまでいってもアマノジャクなんだよ、と。

しかし、これで終わりなのでしょうか。個人的には、まだ続きがあるのでは、というより続きがあってほしいな、と思っています。正邪の物語がこれで終わりというのはちょっと寂しい。
そんなわけで、次回作でも正邪が出演することを少し期待しつつ、ひとまずここまで。

読んでくださった方はありがとうございました。

関連記事

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://www.yunonote.net/tb.php/479-03201b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)