東方茨歌仙 第23話「道を誤る巫女」 感想

6/20 発行 Febri vol.23 掲載
東方茨歌仙 ~ Wild and Horned Hermit.  第23話「道を誤る巫女」 感想

以下、ネタバレ注意。


いつもより10日ほど遅れてのFebri発売。
奥付には『次号は8月9日発売』と書いてあるので今月20日発売になったのがイレギュラーだったんでしょうけど、もうちょっとTwitterとかで早いうちからしっかり告知しておくべきじゃ……とちょっと思いました。

あ、今月のFebriもアマノジャクが読者プレゼントになってる。3名様。

さて、茨歌仙の感想です。
今回の話は梅雨時らしく雨の描写が多い。

表紙は……巫女みこ華扇!?
見た瞬間、葉庭さんの巫女みこ萃香を想起してしまった。
それにしても華扇ちゃんが腋を出してこのポーズでこの表情……あざとい。
あざとすぎるぞこの仙人。


本編
雨宿り中に団子を食べる霊夢。だんごっ。
霊夢が団子食べる様子がなんか好き。生活感感じられて。
霊夢は妖怪退治してない時は里に出向いて仕事を探すようだが、何の仕事をしてるんだろう。
タイミング的に鈴奈庵18話~19話の件かもしれないけど。

道祖神と里の神様が会話して生まれる子の運を決めているというのはなんとも幻想的で面白い。
こういう神様は普通の人には声が聞こえないようだけど、穣子や八坂神社の神様との違いはなんだろう。
実体の有無?力の差?

神様の声を聞いてそれで商売するというのは巫女としてはすごく真っ当な仕事だ。
むしろ巫女なのに今までそうしていなかったのがおかしい。霊夢は巫女としては間違いなく優秀なんだよね。
ただ、天然すぎるだけで。

でもいつでも神様の声を聞けるわけじゃないのに妙に評判が立って勘違いされてしまって、
霊夢「私が占えばいいんじゃない?」
調子に乗って参りました。

人里で「幻想郷の母」という占い屋を始めた霊夢。
2014-06-21 1556
個人的に今回好きな一コマ。黒魔術とか使いそう。魔法使う子なら他にいるけど。
霊夢は適当な占いで楽に儲けられると大喜び。まあ霊夢の占いなら実際当たるんだろうけど……。
うーん、適当でもちゃんと当たるなら別に悪くはない。でも嘘や脅しがそこに混じっちゃうとね。

まあ、霊夢はいつも調子に乗りがちではあるけど、ここまで善悪の区別が付かないレベルで暴走していいのか、主人公が。
あと華扇ちゃんが人里で食べてるのは今川焼き?

霊夢の占いの列にこっそり並ぶ魔理沙ちゃん。
2014-06-23 174513
「いやほらさ、やっぱり気になるというか、さ。よく当たるって言うし」
超かわいい。
「さ」が良い。ほらさ。というかさ。
将来についての不安とか、しかもそれを霊夢に聞きに行くとか。魔理沙ちゃん笑顔で言ってるけど内心めっちゃ不安定なんじゃないかと思うと妄想が止まらない。
一体なにを聞こうとしたんだ。

今回の華扇ちゃんはよくコケる。ずこずこーってリアクション芸か。

空っぽの博麗神社を訪れる妖夢や咲夜さんや早苗さん。
それを見かねた華扇ちゃんが巫女化。
2014-06-21 155514
いや、言ってる事は正しいんだけど、こんな格好して「うきうき」なんて擬音つけて嬉しそうにしてたら「この子ただ巫女のコスプレしたかっただけなんじゃないの……」とか考えてもしょうがないよね……

前ページではカリスマのある表情をしていたのに……どうしてこうなった。

霊夢の商売は結局失敗したものの、神社は多くの人妖であふれていた。
妖怪達が神社で楽しそうにしている様子と、その前ページの霊夢の表情はは東方書籍でも屈指の名シーンですね。

ってか、何気に正邪ちゃんもいるし!弾幕アマノジャクの後どういう経緯でこの場面にここにいるんだよ!
まあ、正邪ちゃんもずっと逃げっぱなしって訳じゃなく普通に馴染んでいるみたいで安心しました。
実はこの中で一人だけ本気で退治されてたりしたらそれはそれで楽しいけど。

あとチルノと一緒にいるのは大妖精かなー。
酉の市の回でもそれらしい羽が見えたけど。頭身はチルノとあんまり変わらないね。
紫や藍がおらず橙が単体でいるというのも珍しい。
赤蛮奇と小傘ちゃんが一緒にいるのは驚かせ仲間かな。

自分の本業を思い出した霊夢は妖怪退治のフリをしつつ、妖怪向けの占いを始めて評判になりましたとさ。
めでたしめでたし。

霊夢の能力が存分に発揮されたけど、結局のところ周囲の人間や妖怪を惹きつける力が霊夢の最大の武器というか魅力なんだよね。
まあ、最後に感動的なオチにしたりしないで「私の本業は…妖怪退治することだったわね!」ってなるのが、東方独特のひねくれ方だと思うのだけど。

三月精の最終回でも示されているけど、妖怪退治すると言いつつ実際にはきちんと退治せず、むしろ妖怪と仲良くなっている矛盾こそが霊夢というキャラの奥の深い魅力ですね。


内容と関係ないけど、今回の話を読んであずまあやさんの描く博麗神社って結構大きいなぁって思った。
人妖大集合のコマを見たら、奥の方にも建物が見えるし。
あと、神社の前面に手すりがついてたりして、他の書籍で描かれているよりも建物が立派。
まあ、そんな感じで。以上。

関連リンク
東方Projectメモリアル : 東方茨歌仙 第23話 「道を誤る巫女」 感想
ネット世代の雑評論 東方茨歌仙 第二十三話 道を誤る巫女 感想・考察・その他の確認等
新・しょぺのblog:東方茨歌仙 23話 道を誤った巫女 感想

関連記事

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://www.yunonote.net/tb.php/513-085fc87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)