東方Projectの二次創作ゲームがPS4に進出とのこと

全然予想していない方向から予想外のニュースが飛んできて驚きました。
東方の二次創作ゲームがPS4でダウンロード販売されるようです。

SCEJA Press Conference 2014 | プレイステーション® オフィシャルサイト
こちらのカンファレンス映像だと1:38:00の箇所から流れています。
(ちなみに紹介動画のBGMは「G Free」原曲)

ZUN × PlayStation® 新プロジェクトがスタート!
こちらがプロジェクトの公式サイトとなるのでしょうか。
動画の一番最後に上のカンファレンス映像にはないパートが少し追加されています。
なんだか思わせぶりなこと言ってますが……神主が自分の作品をコンシューマで展開することはあるんでしょうか。



現時点で分かっている情報としては、
プロジェクト第1弾として、
AQUA STYLE『不思議の幻想郷3』
苺坊主『東方蒼神縁起』
領域ZERO『東方スカイアリーナ祭』
の3作品が出るということ。

神主がTwitterで「今すぐ原作が出るわけではない」と言っていること。



それ以降の追加予定についてはまだはっきりとは決まっていないようです。
Twitterを見ていたところ、動画の後半に出ていたゲームが必ず出るというわけでもないようですし。

つい数日前にファミ通の編集長がポリポリクラブに来たのもこの伏線だったんですかね。
東方に限らず、PS4はインディーに力を入れるようですし。

二次創作のガイドラインについて、以前だと「原作が流通している範囲内」というのがありましたが、ここ数年はアーケードゲームへの東方アレンジの進出などもあり、加えて今回の件はその辺りの境界がどんどん曖昧になっている印象を受けます。

個人的には上海アリスの原作は今後も同人だけで展開していってほしいなとなんとなく思っているのですが、二次創作ゲームがコンシューマに出る一方で、原作は同人で続けるというのもちょっと妙な感じです。
神主が同人でやる理由やメリットについていまはどう考えているのか。
同人で続けたい人は同人で、コンシューマに出たい人はコンシューマに出てもいい、神主は許可するだけ、と考えればそんなに矛盾したことではないかもしれませんが。

最近の神主はインディーゲームを盛り上げようという意識が強いように感じるので、これもその一環でしょうか。

まぁ、個人的には原作が何も変わらないで、原作遊ぶ人が少しでも増えるならいいことかな、というぐらいの結論で今回は終わり。

関連リンク
ネット世代の雑評論 PS4で東方の二次創作ゲームが配信されたりする件について

SCEJAプレスカンファレンス開催、プレイステーション最新情報を発表。ウェブ中継あり - Engadget Japanese
↑詳細記事と合わせて、メディアが取り上げた記事としては一番詳細に書かれている印象です。

ZUN×PlayStationプロジェクトが始動!第1弾3タイトル発表【SCEJAプレスカンファレンス】 - ファミ通.com
【速報】「東方Project」の二次創作タイトルがPlayStation 4に登場。第1弾として3タイトルが発表に - 4Gamer.net
電撃 - 【速報】『東方Project』がPS4/PS Vitaに進出!? 第1弾は『不思議の幻想郷3』『東方蒼神縁起』『東方スカイアリーナ祭』の3作品!
【SCEJA PC14】「東方project」×PlayStationの新プロジェクトが発表、「東方」シリーズの同人タイトルが続々登場 | インサイド

これといって重要な内容が含まれているわけではなくても、メディアがどう取り上げているかをチェックしてしまうのは一種の病気ですね……。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://www.yunonote.net/tb.php/576-ba82fe19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)