スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東方茨歌仙 コミックス5巻購入&感想

茨歌仙もついに5巻ですよ5巻!
というわけで、東方茨歌仙5巻の感想です。

以下、ネタバレ注意。



コミックスの最初にあるカラーイラストは星空を見る華仙たち。
これは25話のエピローグとしてみんなで流星見ている様子でしょうか。
流星祈願会が時を経てこれだけ多くの人妖とともにまた開催されたのだとしたら素敵ですね。

5巻まで来ましたが、巻を重ねるごとに華仙ちゃんの魅力がうなぎのぼりに増しているように感じられます。
この巻でも炒った豆に「キャッ!」と怯えたり巫女コスしたりしたかと思えば、霊夢に対しては母性的だったり雷狩りの回ではカリスマ的な顔を見せたりと、かなり多彩な表情を見せていて、最近自分のなかでかなり好きなキャラになりつつあります。


各回の感想は雑誌連載時に書いたのでそちらをどうぞ。

東方茨歌仙 第21話「鬼は外、腹は内」 感想
東方茨歌仙 第22話「怪魚万歳楽」 感想
東方茨歌仙 第23話「道を誤る巫女」 感想
東方茨歌仙 第24話「有足の雷」 感想
東方茨歌仙 第25話「渾円球の檻」 感想

個人的に好きな回は巫女みこ華仙の23話でしょうか。この話は三月精最終回のテーマを受け継いでて好きです。
あ、でも22話のタマちゃんの話もノスタルジックというか、ちょっと切ないのが幻想郷らしい空気で好き。

設定的には25話の結界の話や24話の龍の話も気になりますが。
21話の鬼門と神社の鳥居の方角については単行本でも変わっていないですね。幻想郷の中は『鬼門』の向きがこちらとは違う説を本気で考えてみようかな。

好きなコマ
25ページ3コマ目の萃香。この回の萃香はたった4ページですさまじい可愛さを撒き散らしている。
71ページ1コマ目の「どうしてこうなっちゃったの?」の華仙ちゃん。小さいコマだけどなんか霊夢を心配している華仙ちゃんがかわいくて好き。
100ページ1コマ目の雷狩りを決める華仙。普段ポンコツだからこそカリスマが際立つというか。
102ページ1コマ目の飛び出そうとする霊夢を止める魔理沙。前後の流れも含めて、霊夢と魔理沙の違いが出ているやり取りだなぁと思います。

その他箇条書き。
・おまけページでここぞとばかりにご飯を描くあずまさん……!華仙ちゃんといえばモグモグという認識が作者にまで。
・おまけ4コマ、5巻の表紙は当初にとりだった……?にとり結構人気あるしいいと思うけどね。
・ComicREXへの出張版マンガがかなり溜まってると思うんですが、コミックスには収録されないんですかね?読んでないものもあるのですが……。


関連リンク
東方茨歌仙5巻の感想 - harbor's diary
じおらいとともに | 西の国の眠れない夜 42
ネット世代の雑評論 東方茨歌仙 第五巻 総合的感想・考察

以下、雑誌ネタバレ注意
Create und Consume 東方茨歌仙 コミックス4巻&REX出張版(前編)感想
Create und Consume Comic REX2014年8月号の東方茨歌仙 出張版(後編)のちょい感想
Create und Consume 東方茨歌仙 第26話「野卑な怪異」 感想
関連記事

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。