東方鈴奈庵 第26話「狐狗狸さんは桜と共に散りぬ(前編)」感想

2015/3/26発売 コンプエース2015年5月号 掲載

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery. 第26話「狐狗狸さんは桜と共に散りぬ(前編)」感想
以下、ネタバレ注意

(3/30 追記:関連リンクを追加)



今月のコンプエースは10周年記念のイラスト小冊子が付いており、その中に春河もえさん比良坂真琴さんのカラーイラストとZUN氏のコメントが載っていました。

kosuzu26_4.jpg
比良坂さんの三妖精は載ってるとは思わなかったので、見てすごい嬉しくなりました。なんだか連載終わってから頭身下がってロリ度が増した気がします。あとスカートが短い。けしからん。
春河さんのあきゅすずもかわいいな~。
神主のコメント、小鈴の夢……ってなんだっけ?妖魔本を集めること?

それとプレゼントにあきゅすずイラストのマウスパッドと、2013年10月号の表紙絵の図書カードがあってなんだか扱いいいですね。
kosuzu26_0.jpg
kosuzu26_1.jpg


表紙は桜の樹の下で振り向く阿求ちゃん。
惚れ惚れするような美しさですねぇ……。
阿求の儚げな雰囲気と子供っぽい表情が合わさって最強に見える。
ハシラの文章もなにげにいいですよね。

あらすじ
子どもたちの間でこっくりさんが流行っているのを見た小鈴は、
家にあったアルファベットでできたこっくりさんに似た文字盤を試したいと考える。
魔理沙にそれを見せると、香霖堂へと連れて行かれ……。


前半は小鈴と阿求のお花見、後半は深秘録との関連がありそうなこっくりさんとウィジャボードの話。
そして、ゲストに香霖登場、と今回も盛りだくさん。


「あんた友達少ないもんね」って(これ言ってるの阿求だよね?)小鈴ちゃんは友達が少なかったのか……。
むしろお嬢様してる阿求の方が同世代の交友は少ないイメージだったけど。
そういえば同世代の知り合いがいない……こっくりさんも一人ではできないと……。

お茶を点てる阿求は非常にお嬢様らしくて画になりますね。
花見=酒なキャラたちとは大違いだ。

稗田家の庭の桜は木花咲耶姫を祀っていて、その隣には石長姫を祀った岩が置いてあるとのこと。
ああ……寿命の短い御阿礼の子のために石長姫を祀っているとは……。
後十年も生きられるかとのことなのでいますぐというわけではないようだけど……。
阿求はいままで何度も転生してきたからか、死に対してはドライなようだけど、それでもできるだけ延ばそうとは思っているようだ。

深秘録のストーリーと関係する都市伝説について話が移る。
都市伝説が具現化しているためにこっくりさんも本当に降霊しているかもしれない、と。

kosuzu26_2.jpg

小鈴ちゃんが魔理沙とこっくりさんやりたがるのを見て、まりすずもアリだなってちょっと思いました。はい。
小鈴ちゃんは犬みたいに尻尾振ってるようなイメージ。

kosuzu26_3.jpg

「古道具屋のキュリオスフェロー」森近霖之助が(モブを除けば)正式登場。
curious = 「好奇心の強い、物好きな」
fellow = 「男、研究員」など。

変人
curious fellowの意味 - 英和辞典 Weblio辞書



春河さんの作画で二割増しでイケメンになっている気がするぜ。
アルファベットでできたこっくりさんの紙みたいな板はウィジャボードと言うらしい。(ウィジャボード(Wikipedia))。
霖之助が嬉々としてウィジャボードについて説明を始めようとしたところで後編へ続く。
っていうかなんだこの引き……ww

霖之助の胡散臭いうんちくが久々に読めるとなると楽しみ。
今回は阿求がとにかくかわいくてかわいくて……素晴らしかったです。
今のところ事件らしい事件が起こってないのでどう落ちをつけるのか読めないけど。
本筋と深く関わるかまでは分からないけど、深秘録に関わる要素も出ているのでどこまで関連していくかも気になるところ。

おまけ 「第64回 博麗神主のゲームが先かお酒が先か」
今回は朝ドラのマッサンにちなんでニッカウヰスキー本社にある「ニッカブレンダーズ・バー」。
こんな店でも一杯目はビールを頼む神主はさすがです。
全部いっぺんに混ぜる神主はおっさんなのにお茶目というか。
イラストはブレンドする魔理沙と永琳、うどんげ。

関連リンク
新・しょぺのblog : 東方鈴奈庵 26話 狐狗狸さんは桜と共に散りぬ(前半)
博麗神主のゲームが先かお酒が先か 第64回「ニッカブレンダーズ・バー」 - 加熱済み宇宙食4691パック
鳩の戦記 まさかの出番!!!

関連記事

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する