東方鈴奈庵 第27話「狐狗狸さんは桜と共に散りぬ(後編)」感想

2015/4/25 発売 コンプエース2015年6月号 掲載

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery. 第27話「狐狗狸さんは桜と共に散りぬ(後編)」感想
以下、ネタバレ注意



前回の感想↓
東方鈴奈庵 第26話「狐狗狸さんは桜と共に散りぬ(前編)」感想

表紙、頭に花びら載せてる魔理沙と小鈴ちゃんがかわいい。
特に小鈴ちゃんは知らないところや知らない相手になると大人しそうな雰囲気になるのが猫みたいでかわいい。かわいい(大事なことでした)。


kosuzu27_2.jpg
kosuzu27_3.jpg
(下の画像AAにしてほしい)

前回登場した香霖が自信満々で話し始める今回。
「まあ待ちなさい」ってほんと自分勝手だなw
霖之助のほんとか嘘かわからない衒学的な薀蓄は健在でした。香霖は道具の名前と用途だけからここまで考えるのだとしたらものすごい妄想力ですな。前回が日の高い時間で今回すでに夕方なんだから作中時間ではたっぷり語ってるようです。
魔理沙と小鈴は霖之助の話を全く聞かずに店にあるものを触ってるし。小鈴ちゃんの座り方がかわいい。

魔理沙と小鈴ちゃんはどんどん悪ノリしていくのが面白い。悪友的なノリで相性よさそう。
いい加減な英語を喋る二人に笑った。

霊夢さんは霊の姿を見ることができるのね。まぁ、自機とかならみんな幻視力はそこそこあるんだろうけど。
茨歌仙でも神様の姿が見えていたようだけど、低俗霊や神霊の姿まではっきりと認識できるのは巫女の特権なのかしら。
うにょーんとした普通の幽霊は他のキャラでも見えるもんね。

kosuzu27_4.jpg
念じるだけで降霊する霊夢さんはマジかっこいい。やはり春河もえさんの描く霊夢はカリスマが溢れてて素晴らしいですね。こっくりさんの噂をしっかり無害化しているのもさすが。鈴霊夢はやり手ですな。

あと、「あの鈴奈庵には山ほど神霊がいる」「妖怪のなり損ねとも言うのかもしれないけど……」というセリフがあったけど、神霊の定義が最近気になってます。人妖なみに気になる。
誰かー調べてくれー!

前回のコンプエースの付録冊子で神主が言っていた『小鈴の夢』、なんのことがわからなかったけど、今回の最後の小鈴のセリフがそれに当たるんですかね。
「私もあっち側にいけるのか……」ってどこでそう思ったのかよく分からなくて読み返したけど、霊夢を見てそう思ったのかな?
小鈴ちゃんの今後が気になります。

おまけ 「第65回 博麗神主のゲームが先かお酒が先か」
今回はカンボジア料理を出すお店「BAYON」に行ったとか。
カンボジアのお酒がどれも売り切れていたらしく、もはや酒コラムの体をなさなくなりつつあるような気がするけど。
イラストはお酒がなくて絶望顔の萃香。ちょっと笑ってしまった。

関連記事

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する